水素水の効果について

水素水の効果について

最近、水素水ってよく耳にしますが、いったいどんなものなのでしょうか。
「なんとなく体によさそう」ぐらいにしか認識していない人が多いと思います。
その名の通り、水素が豊富に含まれている水のこと。
自然界でも存在し、代表的なものにルルドの泉があり、昔から「奇跡の水」といわれています。
水素分子は地球上でもっとも小さな分子からなる気体で、細胞の奥深くまで浸透が可能です。
まだまだ未知の部分も多いのですが、先人たちは、この水を飲むと体調がいいとか、作物などに使うと成長がよく大きく育つなどと、言い伝えられてきたようです。
なんとなく体調がよくなるというのは、酸化で錆びついた細胞を修復したり、悪玉活性酸素を抑制するといった効果があるとされているからです。
現代では、人工的に水素を水に溶かしたものが売られています。
一般的に水は、酸化水と還元水に分けられます。
普段飲んでいる、ミネラルウォーターや水道水がサビる性質を持つ酸化水。
対極的に、そのサビをとる性質を持つのが還元水で、アルカリイオン水や浄水器の水、そしてこの水素水などです。
アルカリ還元水や浄水器の水と比べてより高い還元性をもっているのが特徴です。
飲料用だけでなく、水素風呂なども近年人気が高まり、高い還元性、浸透性により美容にも効果があるようです。