特許申請を特許事務所に依頼する価値

特許申請を特許事務所に依頼する価値

過去に自ら特許申請をした経験があります。
官庁様式、用語と法律用語になれるのが大変ですけれど、その線を越えると全くの素人でも大いに可能です。
ましてや、考案して、製作した実物があれば申請の資料を作成する事にかけては一番精通していることになります。
特許を取得するテクニックとしては、一つの製作品であっても申請事項は幾つも設定することなど全くの素人では知り得ないテクニックがあるようです。
このような、知識を習得して申請したのですけれど、結果は取得出来ずでした。
一方で、自分から見て特許取得出来るの?と思われるようなことに対して特許事務所に依頼して申請をしたケースを見ました。
その申請は見事に特許取得に成功したのです。
その特許申請資料を見せてもらうとやはり見事な申請書です。
なんと言っても、客観的で理論構成がしっかりしているのです。
それと、分析力とその分析結果が如何に独創性があるかをきっちりと主張しているのです。
素人が何か月も掛けて10万円内外の安い費用で特許申請ができるのに対して、特許事務所や弁理士に依頼すると数倍の費用は掛かりますけれど、その価値は大いにあることを痛感しました。
また特許に関しては、単に特許取得を目的にする以外に、国際特許取得、特許侵害問題解決、特許侵害予防など素人には到底手の届かない専門的で奥深いものがあります。